ソーラーシェアリングTOP | 株式会社ハウスジャパン

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)で農地を有効活用する
株式会社ハウスジャパン

メールでのお問い合わせはこちら
MENU

ソーラーシェアリングってなんだろう?

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)

農業と太陽光のハイブリッドで稼ぐ時代の幕開けです。

農家の
みなさま

今の農家は後継者の減少、従事者の高齢化、またTPPの参加による海外輸入品との価格競争により、
農家そのものに暗雲が立ち込めております。世の中の変化に順応していくために、
積極的に新たな若者が参加しやすく、また今まで行っていた従事者が明るく未来を見据え、
良い農作物を作り続けていくために、農業収入とは別に安定した副収入が必要です。
今ある農地を有効利用し、日本の農業と日本のクリーンエネルギー事業に貢献してみませんか?

私たち『ハウスジャパン』はソーラーシェアリングの設備提供のみならず、
農業委員会への申請からメンテナンスまでトータルサポートします。

ソーラーシェアリングは、このような方に最適なシステムです。

  • 収穫物の売上高が
    思うように上がらない。

    生活に不安を感じている。

  • 後継者問題で悩んでいる。

    子どもに農業を任せたいが
    先行き厳しいからと
    諦めている。

  • 耕作放棄地を耕作地に
    戻したいけど…。

    広げるだけ赤字になるから
    諦めている。

  • 老後の生活への不安。

    年金に期待が持てず
    老後の生活の不安を
    感じている。

About the SOLAR SHARING

ソーラーシェアリングについて

「ソーラーシェアリング」とは

農地の上に背の高い架台と太陽光パネルを設置して行う太陽光発電です。

一定の間隔をあけて日照を確保するなど、営農への影響を極力小さくしながら農業と自家発電事業を両立する方法で、
これからの日本の農業を救うものとして注目を集めています。

ソーラーシェアリングでは、これまで国に認められてこなかった甲種農地・第1種農地・農用地区域内農地などの青地でも
太陽光発電を行うことが可能です。
2013年の3月31日に農林水産省が指針を示し条件付きで許可が認められました。
さらにソーラーシェアリングでの太陽光発電は「産業用」に当てはまるため、20年間に渡り高い単価で売電できることも特長です。

  • 安定した
    収入源の確保

    ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク
  • 休耕地の
    有効利用

    ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク
  • 後継者の
    不安解消

    ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク
  • 老後にゆとり
    年金要らず

    ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク

ソーラーシェアリングはお得がいっぱい!

通常1反(300坪990㎡)で収穫できる米は平均8俵で収入はせいぜい年間10万円程ですが、
ソーラーシェアリングの場合は、遮光率によっても変わりますが、遮光率30%の場合は
同じ面積で100万円程にもなります。売電収入という毎月の安定収入を得ながら
付加価値の高い新しい作物に取り組んだり、多角経営をすることができ、農業離れを防ぐことができます。
地面にそのままつける太陽光発電の場合は農地転用が必要になり固定資産税がが変わりますが、
ソーラーシェアリングの場合は農地転用の必要がなく、固定資産税が変わりません。
(厳密には架台支柱の総面積を一時転用します。ソーラーシェアリングには償却資産税がかかります)

ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク ハウスジャパン_ソーラーシェアリング_マーク

ソーラーシェアリングをもっと知るために