蓄電池 | 株式会社ハウスジャパン

蓄電池

これからは太陽光発電×蓄電池で余った電力を貯めてかしこく使う時代です

太陽光発電で貯めた電気を、必要な時に必要な分だけ使うことが出来ます。
太陽光発電と相性が良く、組み合わせることでメリットが増えていくことが特徴です。
貯めた電力を必要な時に必要な分だけ取り出すことが可能になりますので、災害時等の際は緊急電力としても活用することができるようになります。

  • 家庭用蓄電池

    現在、近年の防災意識の高まりや省エネ推進の動きから家庭用蓄電池が注目を集めております。
    ご家庭のライフスタイルや目的に合わせて使用目的を変更し、より効率のよい電力の運用ができるようになります。

    「太陽光の売電量をアップさせる」
    「太陽光発電でまかなえない時間帯の電力をカバーする」
    「災害時の停電の際に緊急電力として使用する」

    それぞれの目的に合わせた運用を行うことで、電気代の節電や非常時への備えにもなります。
    ぜひご自身のライフプランに合わせた運用方法をご利用ください。

これからも太陽光発電を有効に使うには?
ハウスジャパンがオススメする3つの魅力

  • 電気をつくる

    大きな屋根から小さな屋根までたっぷり発電できる。太陽光システムへ

    太陽光発電システム

  • 電気をためる

    割安な電気を使って節約。もしもの停電にも安心

    クラウド蓄電池

  • 電気を賢く使う

    太陽光と蓄電池を自動で上手にコントロール

    クラウドHEMS

太陽光の売電量をアップさせる

日中に多く電力を使われる方や、太陽光発電の設置容量が小さい方にオススメのタイプです。
割安な深夜に電力を蓄電池に貯め、昼間に深夜蓄電池に貯めた電気を使用してまかなうことで売電量をアップさせることができます。

蓄電池_グラフ 蓄電池_グラフ

太陽光発電でまかなえない時間帯の電力をカバーする

日中に電力を使われない方や、太陽光発電の設置容量が大きい方にオススメのタイプです。
割安な深夜に電力を蓄電池に貯め、太陽光発電で使用電力がまかなえる時間帯は放電せず、朝や夕方などの太陽光発電でまかなえない時間帯の電力をカバーします。
購入電力を減らし、節電に貢献することができます。

太陽光_グラフ 太陽光_グラフ

災害時の停電の際に緊急電力として使用する

蓄電池は貯めた電気を使用するため、停電や非常時の際は特定した機器に電力を供給することができます。
停電が起きた際は自動的に自立運転に切り替わり、太陽光発電や蓄電池から電力供給が開始されれば12時間〜24時間連続で運用可能なものもあります。

お問い合わせはこちら
フリーダイヤル:0120-070-498 お問い合わせはこちら